教員志望者の減少と日本の教育に関して

昔と今とでは、学校教育は大きく変わっていると言われています。
かつては羨望の眼差しを集めていた教師ですが、現在はその質が大きく落ちていると言われています。
要因の一つとして挙がっているのが、景気の回復だと言われています。
激務と言われている教師の仕事を避けて、民間に人材が流れてしまっています。
これは由々しき問題で、日本の教育に暗い影を落としています。
待遇面を含めてになりますが、大幅な改善をする時期に来ているのではないでしょうか。
良い人材を集めるには、学校の在り方を考え直すべきです。
保護者や教育委員会との関係も含めてですが、教師の権限を広げることが仕事をする上で重要ではないでしょうか。
不祥事も多くなっていますが、採用面接の際に見抜けるようなシステムが鍵になります。
子どもの成長をそっと支えて行ける人物こそが、教師にふさわしいのではないでしょうか。
日本なら実現出来ますし、早急に取り組むべき課題だと言えます。