英才教育が学校でも導入されている

読み書き、聞く話すという技能を育むだけで、英語力が身につく教育が人気です。
3・4年生は週1から2回、5・6年生は週3回の塾、あるいはオンライン上でも学べます。
英語は、今や教科に格上げされており、検定教科書の使用、成績評価まで導入されています。
アジア圏には、平均スコア98点・世界3位にランクインする急成長する国もあるなど、日本人の英才教育の遅れが益々問題視されています。
最終的には、アフタースクールや語学留学、こうした様々な語学が交わる国際交流の場に預けることで、養うケースもあります。
とかく、スピーキングとライティングが苦手となるため、同じアジア圏の英才教育を学び、取り入れています。
ネイティブスピーカーの教師が携わり、課外授業も展開、低学年のうちは楽しく学べる内容です。
しかし、授業に工夫がされているものの、単語の書き取りや教科書の音読などの宿題は毎日出されます。
文字よりもカラフルなイラストを際立たせ、絵を見ながら音読を繰り返す、単語帳のようなものは使用しないなど、宿題が苦痛にならないこだわりも垣間見えます。